HIVプログラム

「HIVプログラム」とは

HIVプログラムとは、HIV(エイズウィルス)に感染した男性の精液からウィルスに感染していない精子のみを取り出し、卵子と体外受精を行った後、受精卵(胚)を移植し、妊娠、出産の過程を経てお子さんを授かる方法です。

 

HIVは現代の薬によってウィルスを完全にコントロールし、長期にわたり管理できる病気になっています。近年の国際的な調査ではHIV感染者と感染していない者との平均寿命は、ほぼ同じ計算とされています。

 

HIVを理由に子供を持つことを諦めず、このプログラムによって母と子にウィルスが感染する危険を心配せずに、自分たちの血を受け継いだ子供が居る家庭を築いてください。

プログラムの概要

HIVプログラムはSPAR (the Special Program of Assisted Reproduction)と体外受精・胚移植(IVF-ET)を組み合わせた手法です。

SPAR (the Special Program of Assisted Reproduction)はPCR HIV精液テスト(PCR HIV Semen Testing)と精液の洗浄を組み合わせた世界的に有名なプログラムで、安全な体外受精の施術を行うためにHIVに感染した男性から精液の検査サンプルを用意することです。

HIVに感染した精液の分析:

  • ■精液の検査サンプル 
  • (2分の1) 精液を洗浄 → 凍結保存 → 検疫済みタンクに保存
  • (4分の1) HIVに感染した細胞を固定、染色
  • (4分の1) HIVテスト

 

研究結果によると、HIVに感染した男性のおよそ3分の2から、HIVの検出不可能な量による健康な精液の検査サンプルが確認されています。

 

このプログラムの目的は最新の生殖医療技術の進歩とラボでの検査、予防薬を利用することによって、すべてのプロセスにおいて妊娠する女性と生まれてくる子供が健康かつ安全であることが保証されることです。

 

安全面の理由により、精液の検査サンプルによる人工授精(IUI)は行っておりません。体外受精(IVF)や顕微授精(ICSI)による施術により安全性を確保しています。また、卵子提供や代理母による代理出産との組み合わせも可能です。

今までの歴史

キースリンク研究所(Kiessling Lab)による発見

1985年~1995年
      精液・精子についての関係
  • 精子自体はHIVに感染しない。
  • 精液中のHIVの量は血液中のHIVの量からは予測できない。
  • HIV感染者の精液の中には、HIVに感染していない細胞とHIVに感染している細胞の両方が存在する。
  • 精液中のHIVの量は検査サンプルごとに大きく変化する。検査サンプルは、施術を行う前に毎回テストを行う必要がある。

 

SPARを開発したベッドフォード研究振興財団

(Bedford Research Foundation)によるデータ

1996年  

プログラム開始

1998年 プログラムによる最初の赤ちゃんが誕生
2000年~2006年 HIVに感染した男性262人より、608の精液の検査サンプルを採取

そのうち19%にあたる107の検査サンプルが不適格

151のカップルが生殖補助医療による施術

69の妊娠が確認され、62人の赤ちゃんが無事に誕生(10組の双子)

2007年~2011年 HIVに感染した男性368人より、826の精液の検査サンプルを採取

そのうち18%にあたる147の検査サンプルが不適格

172のカップルが生殖補助医療による施術

87の妊娠が確認され、96人の赤ちゃんが無事に誕生(4組の双子)

2012年 56のクリニックと共同研究

157人の赤ちゃんが無事に誕生、11人が妊娠中

母親と赤ちゃん、全員のHIVテストは陰性

プログラムの主な適応者
  • HIVに感染している男性
J babyの特徴

J babyではご依頼者が安心してHIVプログラムを受けられる環境と情報を提供しております。クリニックの医師や専門家と協力することにより、ご依頼者の一人一人にあった最も効率的で低予算に抑えたプログラムを提案し、すべての過程を無事に終了できるようにお手伝いさせていただきます。

 

クリニックの高度な生殖医療技術

体外受精においての妊娠に影響する最も重要な要素のひとつは、卵子の質です。検査サンプルの精子と卵子の体外受精を行った後、培養した受精卵の中から最も質の良い受精卵(胚)を移植することによって、妊娠の可能性を最大限に向上させます。

 

安心サポート

ロサンゼルス滞在中はJ babyの日本人スタッフがお手伝いさせていただき、ご依頼者がストレス無く治療を受けられるように手配させていただきます。

プログラムの流れ

HIVプログラムの一般的な流れをご紹介します。

 

STEP1

お申し込み

  • クリニックに受け入れ確認
  • プログラムと費用の説明(電話・Eメール)
  • 契約と費用のお支払い
 
STEP2

1回目の渡米 

  • クリニックにて検査と治療についての説明
  • ご依頼者の診察と検査
 
STEP3

SPARプロセス

  • 精液の採取
  • 精液の検査と洗浄
  • 精子の検査サンプルを凍結保存   
 
STEP4

2回目の渡米   

  • 排卵誘発剤の投与
  • 採卵
  • 受精卵の培養
 
STEP5

移植

  • 受精卵(胚)を移植
  • 約2週間後、妊娠検査
 

※ 余剰胚がある場合は凍結保存し、妊娠するまでStep5の移植を繰り返すことが出来ます。

成功率について

HIV感染者による精子を使った生殖補助医療によるケースは4,000件以上にも及びますが、出産をした女性や生まれた子供に感染したという報告はありません。

体外受精と移植における妊娠率は、卵子の質によって大きく異なります。詳しくはお問い合わせください。

費用について

HIVプログラムの一般的な費用は、およそ$33,000~(330万円~)が予想されます。

 

卵子提供や代理母による代理出産と組み合わせた場合の費用についてはお問い合わせください。

 

費用について、詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しい資料をご希望の方やご質問などは

「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

 

お問いあわせ

  • 東京オフィス:03-3221-7031 ロサンゼルスオフィス:310-990-69440