ブログ

スタッフの卵子提供と代理出産の体験記 その36

 

今回は代理母さんについてのご報告です。

 

12月28日

 

代理母さんが医療検査の為、アイダホ州から飛行機に乗ってやってきます。

私たちの代理母さんは友達の家族の一人ですが、実際に会うのは8年ぶりくらいです。

そうはいっても、今の時代、メールやFacebookでお互いに連絡を取り合っているので、Facebookをやっていない身近な友達よりも、Facebookをやっている友達の方が、最近どこへ行き、何をしているのかを知ることが出来るので、そんなの長く合っていない気はしませんね。

 

空港は混んでなく、代理母さんをスムーズにピックアップした後は、クリニックへ行く前にブランチへ。

食事をしながら、家族の事や生活環境について話し、お互いの事について学ぶ時間を設けました。

やはり電話やメールより、直接会って話すと、お互いの気持ちが伝わりやすいので、とても大切ですね。

 

午後12時30分からはクリニック「California Fertility Partners」での医療検査で、私たちも同伴しました。

私たちの医師であるリングラー先生によるコンサルテーションとエコー検査、そして血液検査と両検査も行われました。

最後に看護師さんから注意事項の説明と代理出産の流れなどの説明を頂き、全部で2時間くらいで終了しました。

 

代理母さんは仕事と家庭がある為に、今回は日帰りでの渡航の為、医療検査が終わったら、そのまま空港へ向かい、アイダホまで帰っていきました。

アイダホ州のボイジという空港から自宅までは、車で2時間程度かかるそうで、遠いにも関わらず日帰りでの渡航をして頂き、本当に有難いです。

 

1月18日

 

代理母さんが受けた検査の結果が出揃い、担当看護師のモニカさんより連絡がありました。

すべての検査は合格しましたが、ビタミンDの値が基準値より低いので、ビタミンDの服用を開始してもらい、2月19日に再検査を行いますとの連絡がありました。

代理母さんのビタミンDの値は12で、30以上あることが望ましく、これから1週間ごとに50,000 IUのビタミンDを摂取していくそうです。

ビタミンDが低い女性は多く驚きはしませんでしたが、ああやっぱりか…と言う感じですね。

 

ブログに掲載されているすべての体験記はJ babyスタッフ本人が受けている治療プログラムによる体験記のみを掲載しております。
ご依頼者やドナーさんの治療内容や結果など、個人情報が公開されることはございません。

  • 東京オフィス:03-3221-7031 ロサンゼルスオフィス:310-990-69440