ブログ

スタッフの卵子提供と代理出産の体験記 その17

 

<注射8日目>

 

12月30日分の検査に関する報告です。

 

クリニックCFPの看護師Monicaさんからメールが届きました。

 

今日、ドナーさんはCFPにて検査を行いました。

18個の卵胞が確認され、大きさは10~11mmです。

このままお薬は続けられ、明日(12/31)に血液検査、1/1か1/2にエコー検査と血液検査が行われます。

 

ドナーさんは12月29日の夕方にオハイオ州からロサンゼルスへ移動されたそうで、直ぐ近くにいると知るだけでドキドキします。

 

クリニックの近くに滞在されているのでしょうが、私はどこのホテルかも知りませんし、同伴者が誰かも知りません。

 

エッグドナーさんには必ず同伴者が付き添います。

 

ロサンゼルス周辺にお住いのドナーさんの場合には採卵当日、必ずご家族やお友達に付き添ってもらいます。

 

私のドナーさんのように遠方にお住いの場合は、ドナーさんのロサンゼルス滞在中、ずっと同伴者と一緒に行動していただきます。

 

どちらのケースも同伴者がいることによって、身体的・心理的なサポートがあるということでドナーさんご本人も安心して採卵できるというのが目的です。

 

ドナーさんはロサンゼルスは初めてなのか、それとも何度も来られたことがあるのかもわかりませんが、いろいろと観光をしてロサンゼルスを楽しみながら過ごされていることを願います。

 

それでは皆様、良いお年をお迎えください!

 

ブログに掲載されているすべての体験記はJ babyスタッフ本人が受けている治療プログラムによる体験記のみを掲載しております。
ご依頼者やドナーさんの治療内容や結果など、個人情報が公開されることはございません。

スタッフの卵子提供と代理出産の体験記 その16

 

<注射4日目>

 

12月26日分の検査に関する報告です。

 

クリニックCFPの看護師Monicaさんよりメールがありました。

 

今日、ドナーさんは血液検査をされ、ラボの結果は標準範囲内でした。

同じ量のGonal-FとMenopurが続けられます。

29日にエコー検査の予定です。

 

ドナーさんは予定通り、2回目の検査を終えられたようです。

 

それにしても短い内容ですね。

 

でもアメリカのメールのやり取りはいつもこんな程度です。

 

かしこまった文章は印刷された書面にて郵送されてくるので、Eメールは本当に用件のみです。

 

メールで聞いた質問の返事が短すぎて、YesなのかNoなのかが不確かで、またメールで聞き直すこともしばしばです。

 

まずは順調に進んでいることを喜び、毎晩自己注射を続けてくれているドナーさんに感謝です。

 

ブログに掲載されているすべての体験記はJ babyスタッフ本人が受けている治療プログラムによる体験記のみを掲載しております。
ご依頼者やドナーさんの治療内容や結果など、個人情報が公開されることはございません。

ロサンゼルスのクリスマス 2014年

 

ドナーさんと一緒にあちこちを周らせていただき、写真を撮影。

 

ロサンゼルスのクリスマスは雪こそ降りませんが、こんな感じです。

 

ロデオドライブはお洒落にデコレーションが飾られています。

 

Beverly-Hills_01

 

 

Beverly-Hills_02

 

カリフォルニア・ディズニーランドの外にあるダウンタウンディズニーのクリスマスツリー。

 

綺麗でしたが、とにかくすごい人でした。

 

Disneyland-Town

 

今年もロサンゼルスは暖かいクリスマスイブでした。

 

メリークリスマス!

スタッフの卵子提供と代理出産の体験記 その15

 

<検査と注射開始>

 

予告なしにクリニックからのメールです。

 

ドナーさんはそれぞれの卵巣に6個ずつ、およそ12個の卵胞があります。

予定より1日早く自己注射が始められ、12月23日の夜から開始されます。

12月26日と29日はドナーさんが住む近くのクリニックにて検査が行われます。

12月29日の夜にロサンゼルスへ飛行機で移動し、12月30日の朝にCFPにて検査の予約があります。

 

なんと、今日ドナーさんは1回目の検査日だったのですね。 😯 😯 😯

 

ドナーさんの採卵スケジュールを気持ちを合わせて毎日を過ごしていこうと思っていたのですが、いきなりだったので心の準備がまだでした。

 

まずはすべてがぎりぎり間に合ったことにホッとしています。

 

今回の事でご依頼者のご夫婦は毎日不安に過ごしていることを、自分で体験しながら気づかされました。

 

J babyを通してお世話させていただくご依頼者のご夫婦へは、毎日小さなことでもお伝えし、少しでも安心していただき、ご依頼者様のお気持ちを大切にしていきたいです。

 

ブログに掲載されているすべての体験記はJ babyスタッフ本人が受けている治療プログラムによる体験記のみを掲載しております。
ご依頼者やドナーさんの治療内容や結果など、個人情報が公開されることはございません。

スタッフの卵子提供と代理出産の体験記 その14

 

すべてが同時進行しております。

 

契約書の取り交わしが終わったと同時にドナーさんが使用すると予想される薬がまとめられ、ドナーさんが住むオハイオ州の自宅までFedexにて発送されます。

 

お薬は冷蔵が必要なものがあるので、アイスパックと一緒に翌日配達便で送られます。

 

「ドナーさん、家にいてくださいね!」「受け取り損ねないでね」などと、心配性の私は落ち着きません。

 

確実に届ける為に、私が直接手渡しで届けたいくらい心配です。

 

薬局が指定するクレジットカード同意書にサインをするだけ、あとはクリニックと薬局が手配をしてくれます。

 

お薬は途中で足りなくなると困るので、余裕をもって少し大目に発送されますが、薬代の合計金額にはびくっりさせられますね。

 

旅行会社からも連絡がありました。

 

この旅行会社はドナーさんが採卵の為にロサンゼルスへの飛行機のチケットと滞在先のホテルの手配を行い、ロサンゼルス滞在中は快適に過ごせるように手配をしてくれます。

 

ドナーさんは12月29日の夕方にロサンゼルスへ到着し、7泊の予定でスケジュールを組まれているそうです。

 

いつもはご依頼者とドナーさんの橋渡し役をさせていただいている私は、すべてのスケジュールを把握しているのですが、今回の自分のケースでは最低限の情報しか教えてもらえず、ドナーさんがいつからお薬を開始されるのかも知らされていません。

 

ドナーさんの移動日から逆算して、採卵サイクルの開始日(自己注射の開始日)を予想してしまう私。

 

ふむふむ。

 

どうやらクリスマス前に開始のようです。

 

時間がありません。

 

間に合うのか?

 

大急ぎで旅行会社へチェックを郵送します。

 

ドナーさんは学生さんで冬休みしか時間が取れなく、みなさん何とか間に合うようにご協力いただき大感謝です。

 

ブログに掲載されているすべての体験記はJ babyスタッフ本人が受けている治療プログラムによる体験記のみを掲載しております。
ご依頼者やドナーさんの治療内容や結果など、個人情報が公開されることはございません。

1 2
1 / 212
  • 東京オフィス:03-3221-7031 ロサンゼルスオフィス:310-990-69440